20歳の時にフィリピンパブの女の子に恋心を利用されて大金を貢がされました。

20歳の時にフィリピンパブの女の子に恋心を利用されて大金を貢がされました。

【性別】男性
【年齢】(騙された当時)
20歳
【職業】(騙された当時)
当時は工場勤務の会社員

【当時の日常生活】(騙された当時)
高卒で地元の工場に就職して、実家暮らしで地味な生活をしてました。
たばこも酒も女遊びもしない、本当につまらない生活を日々繰り返していました。
その当時は彼女も居なかったので、休日は一人でドライブしたりするくらいでした。





【簡単に言うと・・・】
大金を盗られた(貢がされた)

【騙してきた人物】
高校時代から続けていたスポーツ競技の合宿で、夜に先輩に連れられて飲みに行ったフィリピンパブで、その店の女の子と恋仲(結果としては単に騙されていただけ)となった事がきっかけです。
そのフィリピン人女性はシングルマザーで、小さな子供がフィリピンに残っているとの事でした。
そのフィリピン人女性も日本人の男性に騙されて妊娠&出産したとの話を聞いて、私は完全に情が移ってしまい、結果として騙される(貢がされる)事になってしまいました。

【騙されるまでのいきさつ】
先輩に連れられて飲みに行ったフィリピンパブで、その時に付いてくれたフィリピン人女性に言い寄られてケータイ番号交換をしてしまったのが運の尽きでした。
個人的に直接連絡を取り合う内にどんどんと恋心が増して行き、そんな状態で悩み相談や身の上相談をされてしまったらどんな事をしても相手を助けたくなってしまいますよね。

【騙された内容】
ケータイで直接連絡を取り合う内にどんどんと恋心が増して行き、先輩抜きに個人的に毎週店に通うようになりました。
どんどん彼女の事が好きになってしまい、彼女も私の事が好きだとの事でした。
彼女から付き合って欲しいと言われて付き合う事になったのです。
しかし、肉体関係は一切無く、キスも挨拶程度の軽い感じのキスでした。
デートは単に店で会うだけの形で、時々休日にプライベートで会う事もありましたが、その時は彼女が用事を済ませる外出の為の運転手要員としての役割でした。
ある時彼女から「ビザが切れているから困っている。
お金があれば何とかしてくれる人が居るから一時的にフィリピンに帰れる」
と言われて、何とか彼女を助ける為に後日彼女に現金を渡しました。
彼女は無事にフィリピンに一時帰国が出来ましたが、フィリピンからも国際電話が掛かって来て、「生活費が無くて困っている。
電気が止まってしまった。
どうすればいい?」
と言われ、私が「お金を渡したいけどどうすればいいのか分からない」と言ったところ、彼女から「私が昔働いていた別のフィリピンパブのオーナーに話を通しておくから、その人にお金を預けてくれたらいい。
その人ならフィリピンに送金が出来るから」
と言われ、私は言われるがまま百万円を現金でそのオーナーに渡したのです。
その後も何度もフィリピンから国際電話があり、世間話だけの時もありましたが、時々「またお金が無くて困っている。
どうしよう」
という悩み相談の電話が掛かって来たのです。
彼女から「お金が欲しい」という直接的な表現の催促は無く、こちら側が自らお金を送るという流れを上手いこと作って来るのが彼女の手口なのですが、その当時の私は恋心を持っていたのでその事に気付かなかったのでした。




【被害と心境】
貯金額がほとんど無くなってしまった形となり、さすがに私も「これはおかしい」という事に気付き、彼女と別れる事にしました。
別れるといっても彼女はフィリピンに居る状態だったので、彼女から掛かってくる国際電話に一切出ない事にしたのです。
その為に私がした事は、約一年間、ケータイの電源を完全に切った状態にする事でした。
私は電源の入っていないケータイ電話を意味も無く、約一年間ずっと持ち歩いていたのです。
私は完全にうつ状態に陥ってしまい、高校から続けていたスポーツ競技も関係者に何の挨拶も無く不義理なまま一方的に引退してしまいました。
この約一年間は私にとって本当につらく苦しい期間でした。
興味も無いパチンコにハマってしまったり、行く宛ても無く一日中歩き回っていたり、家で一日中寝ていたり・・・、本当に廃人のような生活を一年間続けていました。




【相談と助けてくれた人】
私は誰にも相談出来ませんでした。
色恋沙汰の相談など恥ずかしくて出来なかったのです。
ましてや相手に騙されて大金を失ったなどと、恥ずかしくて誰にも言えなかったのです。
誰にも相談出来なかったからこそ、一年間というつらい期間を過ごしてしまったのだと思います。




【結末】
私の初めての恋愛がこんな形で終わってしまったので、本当に約一年間はうつ状態でした。
私がその状態から復活出来たのは、まだその当時は『ヒトカラ』という言葉も無かったのですが、気紛れで一人で入ったカラオケボックスでした。
それまでカラオケすらもした事が無かったのですが、生まれて初めてカラオケを体験したところ、大声を出す気持ち良さにハマってしまい、それまで抱えていた心のモヤモヤが一気に晴れて行くのを感じたのです。
それがきっかけで本当に私はうつ状態から脱却出来たのです。
あの時から20年以上経ちますが、今でもカラオケは私のストレス解消法になっています。




【自分の落ち度】
私は20歳まで恋愛経験が無かったので、要は人生経験に乏しかったのです。
学生時代にもある程度の恋愛経験を積んでいればまた違ったのかもしれませんが、残念ながらモテるタイプでは全く無かったので恋愛出来なかったのも仕方ありませんでした。
それが運悪く災いしてしまった事になりますが、しかし、私はあの当時に大失敗を経験して良かったと今では考えています。
世間ではもっといい歳をして女に騙されて大金を失う失敗事例を聞くこともある為、私は若い頃にその失敗を経験しておいて良かったと感じています。
全てが『人生経験』です。




【加害者のその後】
私は一年間ケータイの電源を切りっぱなしにして一方的に別れたので、彼女がどうなったのかは何も分かりません。
その当時からケータイ番号は今でも同じ番号ですが、彼女から電話が掛かって来る事は一切ありませんので、本当に何も分かりません。
(掛かって来たとしてもさすがにもう出ませんし相手にもしませんが)




【現在の生活】
騙されてから20年以上経ちます。
その後は5年以上恋愛が怖くて出来ませんでした。
やっと恋愛恐怖症を克服した後、何度か恋愛と失恋を経験しましたが、さすがに初恋の時の大失恋を越えるようなつらい経験はありませんでした。
今では8年以上続いている彼女と幸せに恋愛を続けられています。

【学んだこと】
お金の話が出てきたら私は相手を疑うようになりました。
当時はそれすらも出来なかったので。
ただ、何事も人生経験なのだと今では強く感じています。
無駄な経験はありません。
しかし、もし失敗するならなるべく若いうちに済ませておいた方が良いですね。

【当時の自分へのアドバイス】
悪い女は世の中にたくさんいるぞ!
これから先も金目当ての女が出てくるぞ!
こっちがいくら優しくしても、相手は何も感じていないんだぞ!

今のお前は本当に本当につらいよな。
だけど、必ず復活出来るぞ!
お前の優しさをちゃんと理解してくれる人に出会える日が必ず来るから、それまでは謙虚に謙虚に生きてくれ!
決して自分はモテる人間だと勘違いなんかするなよ。
優しさを利用して金を貢がせようとする女がこれからも何人か出て来るけど、お前は最初の経験があるおかげで何とかそれを回避出来るから、ちゃんと相手の本心を見抜けるようになっておくんだぞ!

20歳の時にフィリピンパブの女の子に恋心を利用されて大金を貢がされました。大人になってから
  • 20歳の時にフィリピンパブの女の子に恋心を利用されて大金を貢がされました。
  • 20歳の時にフィリピンパブの女の子に恋心を利用されて大金を貢がされました。