22歳のヒモ男と同棲。よく「酒、女、ギャンブル」は危ないと聞きます。その通りな出来事だと思いました。

22歳のヒモ男と同棲。よく「酒、女、ギャンブル」は危ないと聞きます。その通りな出来事だと思いました。

【性別】女性
【年齢】(騙された当時)
26歳
【職業】(騙された当時)
福祉

【当時の日常生活】(騙された当時)
元々病弱で、フルタイムでの仕事が難しい時期で傷病手当を貰いながら復帰したり療養したりの生活でした。
離婚をしたばかりでしたが、その分一人暮らしはとても充実していると実感できていました。
元気な時は月に数回友人とカラオケや食事に出かけ、趣味の時間も取れていました。





【簡単に言うと・・・】
お金の返済がなく相手がいなくなりました。

【騙してきた人物】
当時は彼氏となります。
小柄ですが筋肉質、ダンスをしていたとのことで確かにとても上手かったです。
年下で22歳。
大学には行っていないので働いていると言ってましたが、実際様々なバイトを転々としている状態で、当時はコンビニ店員でした。
性格は真面目ではないことは確かでした。
金銭的に困っていたようですが、家族が彼に虐待をするということで、通帳や印鑑・キャッシュカード全てを持っていかれていると話していました。

【騙されるまでのいきさつ】
最初はツイキャスでした。
連絡先を交換することは今までなかったのですが、その時は何故か「大丈夫な人だ」と信じてしまいました。
会話がとても上手かったのだと思います。
しかしデートには遅刻は当たり前だし、もちろんデート費用も最初の方は「財布を忘れた」と色々言い訳をして払いませんでした。
彼には友人がいましたが、その友人も彼にお金を貸したり、友人名義で携帯を契約してあげたりしていたらしいです。

【騙された内容】
「もう限界だ」と連絡が来てから急に私の自宅の最寄り駅まで来てしまいました。
「しばらく避難させてほしい」と。
虐待に耐えられなくなった、戻りたくない、仕事も周りから悪口を言われている等話していました。
しかしその後すぐに仕事は辞め、Twitterで様々な女性と連絡を取り合うようになり、深夜もその女性たちに「好きだよ」等話している声が聞こえるようになりました。
そして携帯代が払えなくなった、たばこ代が欲しい、私が友人とカラオケをしていれば「俺は遊びにも行けないのに」と十数件の嫌味のlineが来るようになりました。
お気に入りの家具もタバコの火で汚されたり、働きにでないので生活費も私持ち、お財布の中の金額が合わないこともあったので取られていたことがわかりました。
しかし周りには「俺が家事全てやっている。
彼女は何もやらない」
と言っていることもわかりました。
彼の友人にも金銭関係で迷惑をかけていたようで、絶交されたようです。
私の具合の悪い時に夜中に女性に対して「俺歌い手やるんだ」と話し歌いだし、眠れないし頭痛も酷いのでいい加減にやめてほしいと話をすると激怒し、突き飛ばして首を絞めてきました。
「俺は親友に裏切られたばっかりなんだから気を遣え」と。
「私自身貴方を養える程収入はないし、体も健康ではない。
そこの気遣いはないのか。
私のこともどうでもいいことなんだよね。
そこまで大好きな女性がたくさんいるんだからその人たちの所へ行ってください。
迷惑です」
と言い、張り手をしてやり返しました。




【被害と心境】
家事・生活費全て私が出しており、働きに出ない彼が自宅に常にいることによって光熱費も高くなっていきました。
一度だけ数千円渡してきて「こうして返していくから」と言われたことも待ってしまった要因にもなるかなと思います。
不愉快な思いをすることがとても多くなり、正直具合が悪くなってきていたのはそのストレスも大きかったのかなと今ではわかります。
支えたいという気持ちを踏みにじられたと感じました。
金銭に関しては別れるなら返す義理はないと言われ、とても驚きました。
人生の中で1番腹が立ったし、暴力を受けたことにショックも受けた出来事です。




【相談と助けてくれた人】
友人が乗り込んで助けようとはしてくれました。
暴力を受ける前であったこともあり、大事にはしたくないと思ってしまい、断ってしまったことを後悔しています。
しかし毎日のように連絡をくれ、「大丈夫なの?」と声をかけ続けてくれたことに今での感謝しています。




【結末】
いい加減にしてほしいと話、暴力を受け、謝ってきましたが私の心が限界でした。
「俺が迷惑かけてるんだよね?」と言ってきたので「迷惑どころじゃない、害だ」と言うとまた怒ってましたし「自分が全て正しいと思うな」と言われましたが「お金も返さない、入れない、暴力を振るう、浮気をする。
それにここは私の家。
全て誠実に対応してくれたのなら貴方の言い分は正しい。
でも貴方は私に負担しかかけず、尚且つ娯楽に使うお金を出さない私を人でなしだと言う。
貴方は人としておかしい。
ここは私の自宅です。
何もしないのなら私がここではルールです。
守れないのだから出て行って」
と話し出て行ってもらいました。
お金は振り込むと言っていましたが、もう諦めてはいました。
実際振り込みはされず、30万程ですが戻ってきませんでした。




【自分の落ち度】
最寄り駅に来てしまったとはいえ受け入れるべきではなかったと思います。
いくら何を言われようとも、タバコや娯楽の為に使うお金は渡すべきではなかったとも。
そうすることによって彼は調子にのってしまったのだと思います。
そもそも初めてのデートの時に見切りをつけるべきでした。




【加害者のその後】
彼の友人も激怒したようで、インターネットへ探し人として情報を出していました。
彼は彼でまた他の女性を捕まえ養ってもらっていたようですが、また上手くいかなくなり暴言を吐いて逃げ出すを繰り返していると聞きました。




【現在の生活】
あれから9年経ちました。
その時間は関係なく、彼が出て行ってから嘘のように体調が良くなりました。
どれだけ自分が無理をしていたかがわかりましたし、この自分の空間が維持されていることに幸せを感じています。
マンションは変わってませんが、別の空間のように居心地よく生活しています。

【学んだこと】
言いにくくても絶対そのままにしないこと。
全てを疑うことが良いわけではありませんが、きちんと事実確認はできる範囲ですることが大事だと思いました。

【当時の自分へのアドバイス】
友人の言葉はよく聞くこと。
いくらその時は好きで信じたい、支えたいと思っていたとしても、客観的に見たらおかしな状態だったということなので、素直に助言は聞くべきです。
お金は口約束でやり取りしてはダメ。
きちんとしたいのなら借用書を作成するべきです。
その人の人間性は簡単に変わるものではないので、自分自身も冷静になって状況を見極めてほしい。

22歳のヒモ男と同棲。よく「酒、女、ギャンブル」は危ないと聞きます。その通りな出来事だと思いました。大人になってから
  • 22歳のヒモ男と同棲。よく「酒、女、ギャンブル」は危ないと聞きます。その通りな出来事だと思いました。
  • 22歳のヒモ男と同棲。よく「酒、女、ギャンブル」は危ないと聞きます。その通りな出来事だと思いました。