信頼していた元夫、実は嫁(私)を騙しまくっていた!騙しを重ねることで元夫が得たものは多額の借金、失ったものは大切な家族であった

信頼していた元夫、実は嫁(私)を騙しまくっていた!騙しを重ねることで元夫が得たものは多額の借金、失ったものは大切な家族であった

【性別】女性
【年齢】(騙された当時)
28歳
【職業】(騙された当時)
看護師

【当時の日常生活】(騙された当時)
夫と子ども2人の4人家族で暮らし平凡に暮らしていた。
自分は医療系の仕事で毎日忙しく働いていた。
共働きのため収入もそこそこあり、充実した毎日を過ごしていた。
家族で旅行に行ったり、遊園地に行ったりと楽しい毎日を過ごしていた。





【簡単に言うと・・・】
多額の借金を隠していた

【騙してきた人物】
当時の夫28歳男性、職業は現場系で朝から晩まで働いていた。
背が高く、人当たりは良く、優しくおとなしい性格であったが徐々に荒々しく豹変していった。
ギャンブル依存症なのか普通の人から理解ができない領域に達してしまった。

【騙されるまでのいきさつ】
付き合って5年、結婚して3年ぐらい。
結婚生活を送り子供二人が生まれた。
最近生活費をなかなか振り込んでくれなくなったなと思っていた。
しかし自分の収入があるためあまりあてにせず、気にしないで過ごしていた。

【騙された内容】
子どもたちの運動会などをビデオに残したいと思い、自分でビデオカメラを購入して、たくさんのビデオを撮っていた。
しかし、ある日そのビデオカメラが家のどこを探してもみつからなくなった。
どこかに落としたのか、子どもたちの思い出のデータがはいっているため、とても困っていた。
それを当時の夫に相談すると、知らないの1点張り。
しかしある日、泣きながら電話がかかってきた。
なくしたビデオカメラを買ってあげようと思ってギャンブルをしてしまった。
携帯代が払えないから貸してほしいと。
どんだけギャンブルに使ったんだ、そのお金でビデオカメラぐらい買えるでしょと思いながら、しょうがないな、ありがとう、でもギャンブルしてまではいらないよと言った。
その後このようなことが続き、調査をするととんでもない事実が分かった。
給料のほとんどをギャンブルにつぎ込み、それでは足りないため、親や姉、私に携帯代がないとお金を請求していた。
そしてなんと多額の借金までしていた。
泣きながら電話してきたのは演技だということが分かった。
そして一番許せなかったことはわが子の思い出が入ったビデオカメラを中古品として売ってしまっていたことである。
いくら探しても出てこないわけである。




【被害と心境】
ずっと信じて過ごしてきたのに、裏切られらたことを知ったときは本当にショックであった。
家族の大事なビデオカメラを中古品として売られた上に、生活費もほとんど入れてもらえない、借金の返済もしていかなければならない、家には督促状が届きだす。
本当に男ってバカだなと思った。
いや、だまされた私も相当バカだったのかもしれない。
子どももいるため、これからの人生をどう生きていこうか、元夫をどうさばいていこうか、毎日毎日憂鬱で仕方がなかった。




【相談と助けてくれた人】
まずは実親に相談、親身になって相談に乗ってくれた。
自分のことは責めずにどうにかして前向きにことが進む方法はないかを日々一緒に考えてくれた。
人生いろいろあるけど、私の見方だよと言葉をかけてもらった。
義理の親にも相談したが子が子なら親は親で全くあてにならなかった。




【結末】
当の本人、自分の両親、義両親、義理の兄弟などで何度も話し合いを重ねたが、だましたことに対して最後まで誠実な謝罪はしてもらえなかった。
全く反省しておらず、本当にびっくりした。
その頃の心境といえば、もう本当に人生のどん底でした。
結局、話しても無駄であり、お金も戻ってくることもなく、離婚することになった。




【自分の落ち度】
もう少し警戒するべきであった。
後から考えるとつじつまがあっていないこともわかったりする。
人をすぐに信用してしまう性格であり、実際だまされやすい。
周りの空気を読むのも少し苦手である。
この件をきっかけに人を完全に信用することをやめた。




【加害者のその後】
家族からも見捨てられ、人生のどん底です。
借金を返すために借金をしている。
死ぬまで借金地獄ですね。
今は他人です。




【現在の生活】
人生のどん底、だまされてから2〜3年、今は新たな家族ができ、毎日とても幸せにくらしています。
離婚後はバッサリ縁を切り、自分磨きをして人生がきらきらしていました。
もちろん、新しいビデオカメラも買ってもらいました。

【学んだこと】
人を信用することも大事であるし、必要なことであると思います。
だまされたことによりとても警戒心が強くなりました。
いいのか悪いのかはわかりませんが、私は誰一人、人を完全に信用することはなくなりました。

【当時の自分へのアドバイス】
当時の自分はあまりにも未熟であったと思います。また、警戒心もほとんどなく、すぐに人を信用してしまい、いろいろと騙されてきたんだろうなと思います。当時はまんまと騙され、辛い思いをたくさんしてきましたが、人の涙なんか演技でも出るんだよということを教えてあげたいです。見て見ぬ振りも時には必要ですが、よく見ることも必要であることを学びました。

信頼していた元夫、実は嫁(私)を騙しまくっていた!騙しを重ねることで元夫が得たものは多額の借金、失ったものは大切な家族であった
  • 信頼していた元夫、実は嫁(私)を騙しまくっていた!騙しを重ねることで元夫が得たものは多額の借金、失ったものは大切な家族であった
  • 信頼していた元夫、実は嫁(私)を騙しまくっていた!騙しを重ねることで元夫が得たものは多額の借金、失ったものは大切な家族であった